ゆとり主婦のタワゴト

日々思うこと、頭の中のこと、ひっそりと自己主張。

学歴コンプレックス

という言葉がある。

芸能人もそれを理由に、テレビの企画で受験したりしている。(学生や浪人生が本気でやってるんだから、無意味な母数の増やし方は賛成できないけど)

 

でも、学歴コンプレックスの本当の意味は

「みんなが勉強をしている時期に勉強をサボった過去への後悔」

をなんとなくライトな言葉に変換しているだけでは、と思う。特に現代においては、どんなに勉強が苦手でも、受験すれば大学へ入ることができる時代だ。(金銭的な面とかは別にしても)

 

それに纏わる言葉や話題を用いる人も、高卒側が多いように思う。言われる前に卑下しておこう、みたいな。今時学歴がないことで損をする場面自体、昔ほど多くはないと思うし、大卒でもポンコツは沢山いる。

 

私は志望校は落ちてしまったので、その時はやはり悔しかったけれど、その学校へ行ったからこそ今の友人たちがいるし、土地勘があるし、結果オーライだ。ある程度の大学は歴史や伝統もあるし、入ってからはそれに目を向ければ楽しむこともできる。

それに綺麗事ではなく、勉強してきたことは無駄にはならないから、卒業してしまえば、年上の人たちとの会話で重視されるのは話題の豊富さや切返し、教養面であって学歴そのものを本当にコンプレックスに感じる場面はそんなに多いだろうか?あくまで、私がみてきた世界の話だけど。だから、コンプレックスという程真剣な思いがあるのなら、大人になってからいくらでも巻き返せると思う。

 

初任給とか、そういうところで違いは出るかもしれないけれど、それはもうその道を選んだわけだからコンプレックスという捉え方は必要ないと思う。

 

私が違和感を感じるのは、こういう「なんとなくの言葉」をさも切札のように使うこと。

言っておけばなんとかなる感じの、結局どういう意味?という言葉はあふれかえっている。それを使ってこちらに話をされても、この人は私にどういう返しを期待しているのか、意図は何なのか分からない。「大人になってついた仕事で、学歴がないことでチャレンジすらできなかったことがあって、それが悔しくて、やはり勉強しておけばよかったな」と言われれば、なるほどと理解できるけれど「俺学歴コンプなんで、この程度の給料なんすよ〜」とかは色んなものが省かれて、返事ができない。相手を想定していない言葉だなあと感じるのだ。そもそもそういう人は学歴よりもコンプレックスを感じた方が良いところがあると思う。

 

 

売り手市場らしい

私は新卒の頃、とても意地悪なお局と所長の元に配属され散々だった。

歯を食いしばって、寝る間も休みも返上で、必死に頑張った。

それでもそれは当たり前の頑張り方ではなくて、本当に上司たちに恵まれなかったから、本来やらなくていい努力でもあったと思う。

今の自分の糧になっているし、私にとって無駄なことではなかったと思うけれど、わざわざ受けなくていい類の試練だ。だから自分が先輩になったとき、新卒に対して無駄な文句を言う人間になるのはやめようと感じていた。

 

が、しかし。たまげる。

「最近の若い子」

この表現を自分が使う日が来るとは思わなかったけれど、本当にたまげるのだ。

 

男女一人ずつ一年目の子がいるのだけれど、期限と要件を指定して送ったメールの返信、二人とも余裕で返信の期限を超えてきた。その日中に処理しなければならない仕事だから、期限を超えたメールなんてなんの意味もない。

しかも女の子に至っては「遅くなってすいません。メール読みました。」

って、聞いた要件への返事がないのだ!しかも「すいません」じゃなくて「すみません」だし、そもそも「申し訳ありません」だろ?最後には「iphoneから送信」がついてるし。

 

この女の子、外出時行き先と戻り時間を書くボードにはしょっちゅう書き忘れるし、机も汚い。配られたお土産も何日も机に出しっ放し。グループラインでもほとんど既読スルー…。大物すぎて怖い。

 

二人とも、飲み会のあとの二次会は真っ先に帰る。まぁそれに関しては時代もあるし、サクッと帰れるなら帰った方いいと思うのだけれど、「サクッと」の早さが尋常じゃない。二人とも一番に帰るのだ。飲み会の企画も先輩まかせな上に、二軒目をみんなが迷っている最中に笑顔で立ち去る度胸、私にはなかったな…。

 

本当にエピソードを挙げたらきりがないのだけれど、新卒に限らず、三つ下くらいの子からはもう理解不能な時がある。よくそんなこと言えるね⁇と、イラッとを通り越して感心してしまう。

 

注意してくれる人がいないというのも、可哀想な話ではあるけれど、それにしても「注意して育てる」の最初の段階が違いすぎると思う。冒頭の「すいません」事件なんかは、言葉の使い方から期限を守ること、要件に応えること、こんなことは小学生レベルというか、親が教えるべき問題というか、ぼーっと生きたとしても自然に身につくレベルなのでは?

こんな段階から「注意して育てる」をはじめていたら、それはもう新人教育ではなく子育てか学校の先生だ。

まあそういう人を採用している会社や面接官も問題ありだけれど、にしても、だ。だってこんなのエピソードのほんの一部だし、他にも凄い子たちはたくさんいるから…。うーん、私が歳を重ねただけ??新人類、恐るべし。

2000年のかっこいいの詰め合わせ

長瀬智也宮藤官九郎堤幸彦窪塚洋介加藤あい小雪山下智久……

代表者の名前をあげるのに誰をピックアップしたらよいのかわからないほど豪華絢爛な、今の時代では考えられない、夢のようなラインナップのドラマ。

石田衣良原作の『池袋ウエストゲートパーク』(プロデューサーも磯山晶。本当に役者陣は出ている人全員好きすぎてキリがないので触れないでおこう…)

 

私はドラマ大好き小学生だったのだが、これはリアルタイムでは母に見せてもらえなかった。なので、中学生になってから再放送やDVDで追った。

見ると、母がNGを出すのも頷ける過激なドラマだ。が、かっこいい。何はともあれ、かっこいい。全てが新鮮。無駄がない。

タイトルの略し方IWGPも、G-BOYSも、なんと言ってるのかよくわからないけどSads『忘却の空』も、ダボダボした感じの服装も、そして何よりマコちゃんが!あ〜めんどくせぇ!が!

なんかもーーーぜーーーんぶ!

かっこいい!!!!

なにこれ?ブクロってなんなんだろ…!

…思春期の私はもう虜。いえ、アラサーになった今でも虜です。

 

脇を固めるベテラン勢はもちろんだが、若い役者たちもとてもうまい。今テレビに出ている若手でやろうとしたら寒くなる。キングなんて窪塚にしかできない。

そしてしつこいが、長瀬のかっこよさがほんとに半端じゃない。そのかっこよさを言葉で書こうと試みているのだけど、やっぱ無理。かっこいいしかない。

ドラマはもちろん、当然面白い。(DVDの特典映像のクドカン、とても尖っていた…今は気のいいおじさんだけど)でも、あの2000年代の空気感が凝縮された色、というのだろうか。面白いでは済まされない。画面を通じて伝わってくる高揚感、エモーショナルな質感、汚いことがかっこいい感じ、裏の部分こそに真実はあるのではと思わせる、とにかく他にはないドラマなのだ。

役者陣スタッフ陣の名前を見るだけで興奮してしまうなんて、最近ではあまりないように思う。当時やっていたバラエティ番組や流行っていた歌でさえも、記憶の中でIWGPをもてはやすための根拠となり、ミレニアムを迎えた時代感を味わいたい時に、ふと見返してしまうのだ。何度見ても興奮覚めやらぬ、最強の「かっこよさ」がつまりにつまったドラマである。

 

女子分析⑥〜社会人になって結婚するのに頭花畑な人多いよな〜

昨年、結婚する友人と久しぶりに会った。久しぶりといっても一年は経っていない。てっきり前の彼とだと思って祝福していたのだが、よくよく聞くと話が噛み合っていない。

 

ん、てか誰と結婚すんの??

 

なんと、出会って半年くらいの新しい人。ついでに彼女の実家で同居を始めていた。この時はまだ妊娠をしておらず。(…実際していたのだけど。のちのち出てきます)都内に実家もあるし、決して田舎のヤンキー娘とかではない。

 

…へぇ。まあうちじゃ考えらんないけど、当人達が幸せならね、と思っていた。

 

式当日。

とりあえず旦那さんの感じの悪さが半端ない。

入場してきた時、余りにフラフラして下を向いていたから、リハーサルかな?と思っていた。

私たちが写真を撮りに出向いても、ありがとうございます!とかもない。後から写真を見たらぜーんぶ、目線が外れていた。おい、お前のためにこっちはカメラ目線でピースしてんだよ。

最後の挨拶は、ウジウジして「まぁ」というつなぎ言葉が異様に多くて、なんというか恥ずかしがり屋の中学生みたいだった。

ついでに、新郎の大学の友達は「初めて結婚式に参加してはしゃいでいる友人」並にうるさかった。上司の挨拶の間も食器をかちゃかちゃ言わせて…。

 

そしてプロフィールムービー。 そのラスト、「この場をお借りして皆さんにもう1つ嬉しいご報告があります」

 

会場中が、ドスの効いた、

一切の打ち合わせなしの、

なのにとてつもなく揃った、野太い、

 

えっ?!?!

 

に包まれた。

だってそれまで事細かく出会いからの流れをムービーで記してくれたのだから。

出会いからのスピード感が尋常じゃない。まだ、妊娠→実家に同居なら理解できなくもないが、すごいのは実家に同居→妊娠をこのスピードでやり遂げたところ。結婚式だってやることは先に決めていたのだ。

 

しかも、翌月旦那さんの転職が決まり引っ越すとのこと…いや…2人とも会社の人招待すんなよ……こういう子がいるからゆとり、と揶揄されるのですね。

 

結婚式を他人のために開いているのか、自分たちのために、あわよくば小遣い稼ぎするために開いているのかというのは、よくわかる。食事に始まり引き出物、細部の演出。年齢的にも場数を重ね、わからない人はいないと思う。なのに、やれてしまう図太さ…

 

さらに女のグループのすごいところは、ラインで「素敵な旦那様。〇〇ちゃんを愛してることがひしひし伝わったきたよ😍💞」みたいなことをみんな普通に言えるところ。超絶無愛想な旦那から、どのようにそんな素晴らしい印象を受けたんだ⁉︎…本人は嬉しそうなんだからいいけどさぁ。。本当の優しさってなんだろーなと考えた1日でした。

 

嫌なことリスト

好きなことややりたいこと、のリストはよくある。

去年は「しないことリスト」という物をツイッターやブログでよく目にしたが、どちらかというとそちらのベクトルで「嫌なことリスト」を作ってみる。

 

生活面

•食べ方の汚い人

•オーバーサイズだったり。シワシワのまま洋服を着たり。真夏に黒タイツを履いたりと季節感のない人。つまりだらしない人。

•あらゆる場面において、TPOをわきまえたは行動や服装をできない人

•汚い場所

•大して美味しくないご飯を、うるさく、汚いところで食べること

•臭くて酒飲みがいる電車路線

•かつての知人、友人を気に留め過ぎること

•女が女に媚びること

•大衆向けすぎる食、物、服、場所

•ランチの場所1つ、何時間も決まらない女子の不毛なライングループ

•過剰な気遣い、遠慮、褒め合い

•寝不足

•体力のない自分

•夫とついついしてしまう激しい喧嘩 

•献立を考える

•友達の話しかしない人

•散らかった部屋

 

 

仕事面

•机を汚いままにする人

•自分の仕事が忙しいと不機嫌になって周りに気を使わせる人

•効率の悪い仕事の仕方

 

その他

•誰も得をしない的外れな男女平等論 

•寒さや雨

•芸人のコメンテーター

•受信料の概念を放棄して手抜きで番組を作り、必死に民放を真似るNHK

•半端なランクのホテルや旅館のブュッフェ(客が不衛生)

•想像力の欠如したSNS

 

 

…出てくる、出てくる(笑)

絶対にもっとあると思う(笑)

 

嫌なことというのは、誰しも意外とはっきりしているのではないだろうか。だが、好きなことほどフォーカスしていない。なんとなく、マイナスのイメージの話を掘り下げることはためらってしまうのだ。しかし、好きなことよりも明確でブレにくい指針だと思う。

たとえば、好きなご飯屋さんが定休日で、まあまあ美味しいご飯屋さんに入るのはいいけれど、汚くて不味いところは絶対に行きたくない。選択肢から外す。そういう意味で基準としてはっきりしている。

で、リスト化したから何?という感じなのだけれど、これをできるだけ避けられる方法を考えて、なるべく楽しくやりたい。自分のこだわりなどを探すときのヒントにしたい。という、ただそれだけのブログです(笑)

 

 

首都圏は不慣れだから雪に弱い

のは、分かった。

でも昨今の首都圏は必ずと言っていいほど、ワンシーズンに一度は積雪があるのだから、いい加減教訓や対策を考えるべきだ。

 

台風の時も思うのだけれど、

震災以降、テレビの画面をL字にして、災害同様の報道をする。であるのならば、会社や学校も、

 

明日はお休みです。

明日はフレックスです。

 

的な対応を、さっさと敷いてしまえばいい。仕事だから、で済ませるのってとても思考停止。

 

前泊したり怪我したりしてまで行って、その日に働かなきゃいけない人って果たしてどれほどいるのだろう。仕事してる時間より、首都高に閉じ込められてる時間の方長いんじゃないの?ものすごく非効率。行政で例年の教訓を活かし、賢い対策取れないのなら、企業や学校ごとに取り組む必要がある。

みんなの顔色を見て、空気を読んで、意味のない出社をしているんだから。年度末に近づき、有給余ってる人なんてたくさんいるだろう。大した仕事を担ってない人も、雪の日に休むなんてあからさまでいたたまれないから出ているのだ。

 


 

 

女子分析⑤〜友達の話しかしない友達〜

ムロツヨシとか小栗旬のプライベート話は好きじゃない。

 

よく「俺、〇〇(著名人)と繋がってるよ」という男は信用できない、みたいなのがあるけれど、そのスケールまで行かずとも、女同士の身近な友人関係の中にも似たようなケースがある。

 

自分とAちゃん、2人で遊んでいるのにAちゃんはBちゃんの話しかしないみたいなやつ。

Bちゃんの話題に飽き足らず、とにかく友人の近況大好き。私の話もできなければ、Aちゃんの近況すらわからないままお別れする。

 

100歩譲りBちゃんは共通の友達だからまあ分かるとしても、Aちゃんの会社の子の話を詳しくされたり。

「Cちゃんは大学の時ミスで、サッカー選手の彼がいるの〜」みたいな。

ミーハー最高潮、地方出身者が最も痛々しくなる瞬間である。私は見ず知らずののCちゃんの話より、久々にあったAちゃんの話が聞きたい。私にも最近どう?と聞いて欲しい。

 

このAちゃん、とても優しいのだけど

遅刻して(よくある)→友達の話して(主にBちゃん)→その間もずっとBちゃんとライン。ずっと携帯いじって片手間に話を聞いてくる→「今さぁBちゃんと彼が近くで遊んでるみたいなんだけど合流しない?」→渋々合流すると、場を持たせるために必死のBちゃんの彼がAちゃん、Bちゃん、Bちゃんの彼の中ではすでに共有されてる話題しかせず、私全く楽しくない。

 

みたいなのが、とってもよくある。私にだけではなく、他の友人たちに対してもそうなのだ。彼女にとってはBちゃんにまつわる出来事が全て。

それでも優しくて楽しい子だから、みんな仲良くしていたのだけれど、20代半ばを過ぎたあたりから、私以外にも距離を置き始める子が増えてきた。会社の同僚の中でも浮いていて、職場で泣いたという話も聞いた。

 

よく言えば「少女のまま大人になった」タイプ。

人に意地悪したりはしないだけに、こちらも無下にはできないのだけれど、彼女と時間を共有することに楽しさも充足感も何もないと気付いてからは、2人で会うことはなくなった。学生時代ならいいけれど、大人になり、それぞれ忙しく生活している中で、時間を作って会いたい人というのは限られてくる。いつまでも昔の話しかしないのもつまらない。

 

私自身彼女と出会って10年近く経ってから、

「私は自分で自分を語れない人が嫌い」ということに気づくことができた。10年間、楽しませてくれたことはたくさんあったし、もう口も聞かない!遊ばない!とまでは思わないけれど、自分から連絡することはないだろう。少し寂しいけれど、大人になるってこういうことなのかもしれない。