ゆとり主婦のタワゴト

日々思うこと、頭の中のこと、ひっそりと自己主張。

インテリアブログを見て思うこと

かなりお久しぶりです。
この酷暑の続く中、みなさまはどのように過ごされていますでしょうか。


さて、今回はインテリアのお話です。
北欧インテリアや白黒インテリアは、ここ数年の二大巨頭ですね。


私はA型のせいか、収納やインテリアにもこだわってしまうタイプ。
昔からそういったブログが大好きで、よくチェックしています。


モダンでおしゃれ!と憧れてしまう白黒インテリア。
シンプルだからこそ、センスが問われるジャンルですね。


安い商品を使っても、洗練されたインテリアにしている方と、
白黒×ストライプ!orドット!のように柄モノを多く使いすぎて、シンプルな要素のはずが、かえってごちゃごちゃした印象の部屋になってしまう方も。


白黒で攻めたい場合は、まずは物をある程度整理する必要がありますよね。
なにせ「黒」が入りますから、物が多いとごちゃついて見えてしまいます。


また、まだ小さいお子様のお部屋までも白黒オンリーだと心配になります。
ブログに掲載する場合は、多少いつもより綺麗にして撮っているのでしょうが、赤や青が大好きな年頃に、自分で選ばせてもらえているのかな?と余計な心配をしてしまいます。



もう一つのブーム、北欧インテリアは、きちんと北欧「風」と名乗った方がいいのでは?と感じることも。

100均や無印、ニトリを駆使すれば北欧と名乗れてしまいそうなレベルです。


本来の北欧家具などはある程度高価なものですし、いい大人世代の主婦の方が、100均を駆使して、
はい!北欧大好きです!とおっしゃるのは少し恥ずかしいかなと感じます。


お部屋をコーディネートすること、整理することを批判しているのではありません。
ただ、ブログをしている奥様だけが、こだわりすぎたり、神経質になってしまうと、

同居する家族が自宅でホッと一息つけるのかな?
本当にそれ、丁寧な暮らし?

と、感じます。


一人暮らしならありだと思いますが、家族を持った時に、インテリアというのは心地いい生活と直結する問題です。

「見栄え」と「生活」のちょうどいいラインを見つけて、それぞれの暮らしに合わせて行くことが、本当のおしゃれなインテリアだと思います。



にほんブログ村


にほんブログ村

たかがランチですよ?

女性同士の友人、同僚などと

「ご飯やお茶をする」とき、

「つっかえる」場面が沢山ある。

 

 

まず一つ目のつっかえ。「店を決める」

 

例えば、そのグループが6人くらいの大所帯だと誰かがラインで2、3個店の候補をあげてくれたとする。

だが、そこから最後のひとつに決定するのがとても時間がかかる、なんてことはないだろうか。

 

どっちも美味しそう〜

イタリアンもいいし、でも和食も久しぶりだなぁ〜

 

という決定打のないやり取りがだいぶ長ーく続く。

メンバー全員がどっちの店もいい!という返信をひと通りし終えるのを待つような。

私はそれが嫌なので、ある程度やり取りが長くなったら、

「こうこうこういう理由でこっちはどうかな?」

と初めてどちらかを選択する発言をする。が、これすらも華麗に交わして迷い続けられるのが女の人というもの。

 

 

…さぁなんやかんやで店は決定。

お店に入る。

 

この二つ目のつっかえの例は同僚とのランチを例にしてみよう。

「コーヒーは食後にしますか?」

の質問にも、え、どうしよう?と隣の人と目を合わせてキョロキョロ。

私は二十代なので最年少の場合が多いのだけれど、またまた私が答えてしまう。

 

答えた後に、

「このお店は割と早く出て来るので、後にしちゃいました!」

とお断りすると、「ありがと〜ほんと優柔不断でさ〜」と三十代のお姉さま達がにこにこ。

 

で、最後のつっかえ。「お会計」

 

またもや、六人の大人数ランチに例えてみる。

六人いるので、とりあえず席でお会計をまとめていこうという話に。

すると、どうしても端数が足りない時が出て来る。端数なので数十円〜数百円ほどのもの。

この場合、じゃあ今日は〇〇ちゃんに、となって渡されたら、渡された人はもらってしまえばいいと思うのだ。

いつもその子がもらっていたら話は別だけど、大人六人のランチの数百円で、「いや、いいいいいい!ほんといい!」を何往復もやり取りしなくても…。

 

大学生くらいの子たちのランチだったらね、可愛いと思うんです。

けど、もう二十代後半の女子会やらなんやら、もう少しスマートにスムーズにならないのかな、と思う今日この頃。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ アラサー女性日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 20代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

ラクマで困ってること

一年半くらい?ラクマ(元フリル)を使用しているのだが、およそ一年前から、絶対に購入しないのにいいねだけつけてくる人がいる。

 

アイコンは時々変わるけど、名前はずっと変わらない。

しかも私のことをフォローしているわけではないのに、出品するとすぐにいいねがつく。何でわかるんだろう。。

 

それをやられるようになってから、もう一年程経つので、問い合わせセンターに相談した。

けれど、そういうユーザーがいないか目を光らせておきますくらいだったし、相変わらず迷惑な存在だ…。

 

顔出しも、着画もないし、執着ポイントがわからない…。

他にも私のような方はいらっしゃるのだろうか。

平成の結婚観?と男女平等?

少し旬を過ぎてしまった話題かもしれないが、先日作家の朝井リョウさんの結婚式に関する記事を読んだ。

 

朝井リョウ、結婚発表 「結婚式嫌い」を公言する平成生まれの結婚観

 

“平成生まれの結婚観”のような見出しも多く見受けられた。

結婚式は苦手、という考えの方は多くいることだろう。しかし彼の場合その理由は、なかなか極端でもある。

 

結婚式あげるってなったら、多分アルバイトの――普段家でカップラーメン食べてるような――神父の前で愛を誓うとか、その文化じゃないのに賛美歌を歌うとか、ファーストバイトとか、あるじゃないですか。そういうのが私たちに必要か、しらみつぶしに考えていったんですよ

 

なるほど、作家らしいというか、繊細に物事を考え尽くす人なのだろう。

さらに続く。

 

ファーストバイトも「なんでこんなに嫌なんだろう?」って今まで思ってたんですけど、あれって「男の人が稼いできたお金で、女の人が料理を作って食べさせる」って意味が奥にあるんですよね。

僕らは共働きだし、私は料理を作ってほしくて彼女と結婚したわけではない。その行為をすることによって、その思想を自分たちが背負ってると思われるのも嫌だった。

 

私もファーストバイトをやったが、そんな理由に想いを馳せることもなく、巨大スプーンを夫の顔面に押し付けてパフォーマンス的に行った。「あ、これ盛り上がるよね〜!やっちゃお♡」くらいのテンションで。

 

それは夫婦や親子でも同じだと思っていて。女性が男性の“ために”料理を毎日作っていたとしたら、やがて「あなたのためにこんなに家事してきた“のに”」という気持ちが出てきてしまうと思うんですよ。男性は「俺はお前のために働いて稼いでる“のに”」とかね。

 

前後の文脈の中から、引用として引っ張っているので、ここだけに触れるのは失礼な話かもしれないが、私は「ために」で救われていることもある。

自分一人より、相手がいるから我慢することも増えたけれど、相手の「ために」を強調することは、決して息苦しいことばかりではない。むしろ「ために」を言い訳や建前にするくらいのしたたかさを持ち合わせてしまっているので、救われることも多い。

それに、ここで「ために」を強調しなくても、一緒に暮らしていると「のに」が発生することは避けられないように思う。

 

私は、昨今多くの場で主張されるような男女平等観こそ女性を苦しめているように思ってしまう。おそらく、女性自身、平等を求めている部分と無理だと理解してる部分はちゃんと区別されているのに、どうやっても無理な部分をひとまず置いておくどころか放置したまま平等を掲げ続け、いざ主張通りに叶ってしまったらどうするのかと思う。

それに、果たして男性は女性が平等を叶えてしまった世界でも自己価値を見出して頑張れるほど強い生き物なのだろうか。ある部分では女性以上の繊細さを持ち合わせている気もするのだが。

 

 

f:id:hossunn250:20180321172651j:plain

話が逸れたが、この朝井さんの意見には多くの若者から賛同の声が寄せられたようだ。

私も結婚式したくない、身内だけでいい、押し付けだ、など。

 

私自身の話にしてしまうと、最近のなかでは盛大に結婚式を挙げた方だと思う。親からの援助もあったが、親自身も喜んで援助しようとしてくれるなら、ありがたく受け取る。

“縮小”“シンプル”の美徳はこういったところにも来ているのだなと感じた。もちろん、呼ぶからには引出物や料理で節約していると思われないように、もてなしの部分は徹底的に考え尽くしたけれど。(私もあわよくばご祝儀で稼ごうとしている魂胆が透けている結婚式は嫌いだけど。それをバレてないと思ってるところがまた)

 

結婚式や、結婚式にまつわる慣例の、男女の不平等さを彼の言うように突き詰めてしまったら、七五三、ひな祭り、こどもの日だってお祝いできなくなってしまう気がする。それはそれ、お祭りごとの一種くらい軽い気持ちでもいいのではないかと感じた。

そこを突き詰めずとも、彼の言う「今の時代をともに生き抜くために手を組んでいく」ことは可能ではないのだろうか。

にほんブログ村 その他日記ブログ アラサー女性日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 20代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

ニンニクドレッシングで時短!2品!

珍しく、主婦ブログっぽい内容をご紹介いたします。

 

私は料理が苦手だし、好きじゃない。

それでも簡単にできてしまう、お料理2品を。

 

どちらにもつかうのがこれ。

f:id:hossunn250:20180309123955j:image

ニンニクドレッシングです!

 

まずはメインの韓国風焼肉?的なものに。

完成図はこちら↓

f:id:hossunn250:20180309124201j:image

①牛コマをボールに入れ、ニンニクドレッシング、酒、塩、胡椒を揉み込み下味をつける。

②更に切った玉ねぎ、パプリカを加えて混ぜる。もう一度ドレッシングをサッとかけておく。

③焼く!

 

で、完成!

ドレッシングじゃなくて焼肉のたれやゴマだれなんかでもいいと思います。

 

2品目はお写真ありませんが、

ドレッシングを使うのでふつうにサラダを作ります(笑)

 

①水菜を切って水を切る

②豆腐も水切り

③ちりめんじゃこをごま油でカリカリに焼く

④①ー③を混ぜ合わせてドレッシング!

 

ちなみに私は絹どうふで作りました♡

 

どちらも簡単にできますし、

サラダのさっぱり加減がお肉に合うのでオススメです!

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ アラサー女性日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 20代主婦へ
にほんブログ村 /woman_around30/ranking.html">にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

『ナイルパーチの女子会』から考えること

柚木麻子の著書、『ナイルパーチの女子会』は女性なら誰もが、次!次は⁈と前のめりで読み進めてしまうものだ。

 

とても面白かったので、柚木さんのインタビューを検索したところ「『本屋さんのダイアナ』の選考時は、高校時代の付き合いを引きずっているなんて話が幼すぎる」と言われたそうだ。自分は幼かったのかと気づいた、と。

 

私は学区外の小中学校に通ったし、大学からは都内にも出て、周りの友人にもそういう子が多かった。それでも、私含め、高校時代どころか、小学校時代の友人関係が現在にも影響している人は沢山いる。

 

思春期の女子にありがちな、仲間外れが毎日のように変わること。当時明らかにいじめた側といじめられた側の構図があったこと。

それを水に流して普通の関係に戻ることが大人になることだと思う。だが「普通」を越して「仲良く」しているのを見ると、彼女達にプライドやこだわりは無いのかと感じる。

いじめた側は、当時の自分のした事や心境を認めたのだろうか。いじめられた側は、大人になって周りにも交友関係が広がり、そこに固執しなくても十分快適にしているのに、なぜいまだ機嫌を伺うのか。

 

私は地元が好きだし、友人や母校が誇りだ。地方都市だが、決して交友関係の狭いど田舎などでは無い。

なのになぜ、進学で地元を離れたり、就職したり、結婚したり、外の世界を沢山見てきたのに、彼女たちはいまだ昔の関係性に媚びるのか。

昔から続いてるものと今を大切にするだけで良いはずなのに、なぜ大昔に何度もほころんだものを、様子を見ながら再構築を試みるのか。私も何年も一緒に居たから、そこの間にあったのは友情とは違ったことくらいわかる。10年以上越しに、互いにご機嫌伺いを続けるほど大切なものはあったように思えない。

 

今の時代は、SNSなども相まって「過去」がずっと追いかけてくる。子供の時の女子の友情が、社会人や主婦となった『アラサー「女子」』にまで追っかけてくる。

私は、『本屋さんのダイアナ』も凄く好きだ。『ナイルパーチの女子会』以上に感銘を受けた。なぜなら私もとても幼いから。

「あなたたちにプライドはないの?まだそんなことに時間を費やしてるの?」なんて冷静に見ているようで、そういうものにヤキモキするということは、私自身幼いのだ。

 

地元大好き、同級生大好き人間であっても、地元を離れて結婚してよかったと思う。地元の規模の中で、日常生活を送っていたら、今の時代どうやったってかつての友人たちの情報は耳に入ってくるのだ。

それは、一定数に限られないのが現代。こちらが能動的にならずとも、不特定多数の昔の関係が迫ってくる。それを全く気にせず、二十代後半のいち女性として暮らしていけるほどの節度が自分にないことくらいわかる。こんなに離れていたって、瞬間、制服を着ていた頃の感覚に戻されるのだから。

 

女は友情に固執し、妄想し、しがみつき続ける。多ければ多いほうがいい、くらいに思っている。一方で「女友達が少ない」という台詞も、「女友達が多い」と同じくらいの自意識を持って発している。

今を生きる私たちは、母親世代に比べると間違いなく幼いし、年齢にそぐわずとも「女子」のまま大人なのだ。だから、柚木作品は共感され続けるのだろう。同時代を生きる女性特有の感覚だ。

にほんブログ村 その他日記ブログ アラサー女性日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 20代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

無言の圧力

世の中には、無言の圧力が溢れかえっている。

それは決して圧力という体をなさずに、ある時は思いやりや親しみの中に混じっている。

あえてそうなるように計算し、絶妙なさじ加減で圧力を練り込むスキルを持った人もいるけれと、100%の思いやりと親しみだけを込めてくれているのに、やはり圧力は介在する。

 

無言の圧力、一般常識と呼ばれるもの。〜したなら〜するのも当然という論理。

良いとか悪いとか、プラスだとかマイナスだとかそういう事ですらない。

この電車に乗り込んだのなら、次に乗り込む電車は決められている。

きちんと乗換案内で計算した通りの路線と時刻とホームで、タイミングよく乗り継ぎをしなかったのなら、それは日常の様々なところで出会うものとなる。

気の合う親友だった子との長電話の中のほんの一言、職場の同僚の無意識の受け答え、出かけにバタバタしている時のふとした夫とのやりとり、たまたま目にしたCM、本屋にならんだ書籍の見出し…

 

乗換がスムーズに済んだ人にとってはなんの意味もなさない言葉の並びが、

キオスクでパンを買ったり、トイレに寄ったり、初めての巨大駅で降りる階段を間違えた人々には、魚の小骨のような違和感を感じさせる。

最初は小さすぎて気にも止まらない。そのうち勝手に取れるだろうと。

しかし、時間が経っても取れない、ならばとご飯を飲み込んで見ても取れない、手段を尽くしても取れない。結果的に病院で抜いてもらうしかなくなる。

そういうものがこの世界には溢れている。それに気づいて、気持ちよく爽やかに人と交流出来る人は少ない。気づかないことが完全に悪いわけでもない。

でも想像することは大事なのだ。

この世間、社会で誰かと関わっていく上で最も大切なのは想像力だと思う。新入社員に必要なのも、コミュニケーションスキルではない。想像力ではないか。

考えること。無言であっても誰かにとっては圧力になり得るものが、日常には溢れていること。自分というものを他者に見せるのが、誰でも簡単に出来る世の中になり、その時流に乗るのであれば、想像して考えなくてはいけない。ものの大きさこそ違えど、発する側に立った時は(井戸端会議で喋る順番が回ってくる程小さなことであっても)誰もが想像して考える義務があると思う。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ アラサー女性日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 20代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村