ゆとり主婦のタワゴト

日々思うこと、頭の中のこと、ひっそりと自己主張。

2000年のかっこいいの詰め合わせ

長瀬智也宮藤官九郎堤幸彦窪塚洋介加藤あい小雪山下智久……

代表者の名前をあげるのに誰をピックアップしたらよいのかわからないほど豪華絢爛な、今の時代では考えられない、夢のようなラインナップのドラマ。

石田衣良原作の『池袋ウエストゲートパーク』(プロデューサーも磯山晶。本当に役者陣は出ている人全員好きすぎてキリがないので触れないでおこう…)

 

私はドラマ大好き小学生だったのだが、これはリアルタイムでは母に見せてもらえなかった。なので、中学生になってから再放送やDVDで追った。

見ると、母がNGを出すのも頷ける過激なドラマだ。が、かっこいい。何はともあれ、かっこいい。全てが新鮮。無駄がない。

タイトルの略し方IWGPも、G-BOYSも、なんと言ってるのかよくわからないけどSads『忘却の空』も、ダボダボした感じの服装も、そして何よりマコちゃんが!あ〜めんどくせぇ!が!

なんかもーーーぜーーーんぶ!

かっこいい!!!!

なにこれ?ブクロってなんなんだろ…!

…思春期の私はもう虜。いえ、アラサーになった今でも虜です。

 

脇を固めるベテラン勢はもちろんだが、若い役者たちもとてもうまい。今テレビに出ている若手でやろうとしたら寒くなる。キングなんて窪塚にしかできない。

そしてしつこいが、長瀬のかっこよさがほんとに半端じゃない。そのかっこよさを言葉で書こうと試みているのだけど、やっぱ無理。かっこいいしかない。

ドラマはもちろん、当然面白い。(DVDの特典映像のクドカン、とても尖っていた…今は気のいいおじさんだけど)でも、あの2000年代の空気感が凝縮された色、というのだろうか。面白いでは済まされない。画面を通じて伝わってくる高揚感、エモーショナルな質感、汚いことがかっこいい感じ、裏の部分こそに真実はあるのではと思わせる、とにかく他にはないドラマなのだ。

役者陣スタッフ陣の名前を見るだけで興奮してしまうなんて、最近ではあまりないように思う。当時やっていたバラエティ番組や流行っていた歌でさえも、記憶の中でIWGPをもてはやすための根拠となり、ミレニアムを迎えた時代感を味わいたい時に、ふと見返してしまうのだ。何度見ても興奮覚めやらぬ、最強の「かっこよさ」がつまりにつまったドラマである。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 20代主婦へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村