ゆとり主婦のタワゴト

日々思うこと、頭の中のこと、ひっそりと自己主張。

売り手市場らしい

私は新卒の頃、とても意地悪なお局と所長の元に配属され散々だった。

歯を食いしばって、寝る間も休みも返上で、必死に頑張った。

それでもそれは当たり前の頑張り方ではなくて、本当に上司たちに恵まれなかったから、本来やらなくていい努力でもあったと思う。

今の自分の糧になっているし、私にとって無駄なことではなかったと思うけれど、わざわざ受けなくていい類の試練だ。だから自分が先輩になったとき、新卒に対して無駄な文句を言う人間になるのはやめようと感じていた。

 

が、しかし。たまげる。

「最近の若い子」

この表現を自分が使う日が来るとは思わなかったけれど、本当にたまげるのだ。

 

男女一人ずつ一年目の子がいるのだけれど、期限と要件を指定して送ったメールの返信、二人とも余裕で返信の期限を超えてきた。その日中に処理しなければならない仕事だから、期限を超えたメールなんてなんの意味もない。

しかも女の子に至っては「遅くなってすいません。メール読みました。」

って、聞いた要件への返事がないのだ!しかも「すいません」じゃなくて「すみません」だし、そもそも「申し訳ありません」だろ?最後には「iphoneから送信」がついてるし。

 

この女の子、外出時行き先と戻り時間を書くボードにはしょっちゅう書き忘れるし、机も汚い。配られたお土産も何日も机に出しっ放し。グループラインでもほとんど既読スルー…。大物すぎて怖い。

 

二人とも、飲み会のあとの二次会は真っ先に帰る。まぁそれに関しては時代もあるし、サクッと帰れるなら帰った方いいと思うのだけれど、「サクッと」の早さが尋常じゃない。二人とも一番に帰るのだ。飲み会の企画も先輩まかせな上に、二軒目をみんなが迷っている最中に笑顔で立ち去る度胸、私にはなかったな…。

 

本当にエピソードを挙げたらきりがないのだけれど、新卒に限らず、三つ下くらいの子からはもう理解不能な時がある。よくそんなこと言えるね⁇と、イラッとを通り越して感心してしまう。

 </p >

注意してくれる人がいないというのも、可哀想な話ではあるけれど、それにしても「注意して育てる」の最初の段階が違いすぎると思う。冒頭の「すいません」事件なんかは、言葉の使い方から期限を守ること、要件に応えること、こんなことは小学生レベルというか、親が教えるべき問題というか、ぼーっと生きたとしても自然に身につくレベルなのでは?

こんな段階から「注意して育てる」をはじめていたら、それはもう新人教育ではなく子育てか学校の先生だ。

まあそういう人を採用している会社や面接官も問題ありだけれど、にしても、だ。だってこんなのエピソードのほんの一部だし、他にも凄い子たちはたくさんいるから…。うーん、私が歳を重ねただけ??新人類、恐るべし。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 20代主婦へ
にほんブログ村