ゆとり主婦のタワゴト

日々思うこと、頭の中のこと、ひっそりと自己主張。

ご縁の光と影

「類は友を呼ぶ」というように、似た者同士はなぜだか引き寄せあう。

共通の趣味を通じて結婚する人もいるし、同じ歌手のライブに通っているうちに友達になったり…。あるいは学校や仕事場でも同じ家族構成や地元だったりで、価値観や考え方が似通っている人とは仲良くなりやすい。

 

あなたの周りにも、離れてもやたらご縁があって再会ばかり果たす人や、驚くようなご縁で繋がった人というのがごく僅かに居たりしないだろうか。

最初はその偶然の重なりに嬉しくなるけれど、よくよく考えると自分たちでもびっくりしてしまうほど価値観や状況がそっくりだったり、久しぶりの再会でもすぐに昔のように何時間もおしゃべりできたり。

また以前の職場で隣の席になった人が、時期はズレても同じ会社で働いていた経験があり、出身校も同じだったことが発覚、旦那さんの地元が私の地元と同じなどみるみる共通点が出てきたこともある。

まさに「ご縁がある」という見えないものを肌で感じるような人に遭遇することは、たまに起こる。

 

 

一方で似すぎていて、犬猿の仲になってしまうことも。

私の場合は女子分析①〜③に登場した元親友がそうだ。最初はめちゃめちゃ仲良くなれたけど、だんだんとその似ている部分が嫉妬心や競争心を煽るきっかけとなり、最終的には意地悪する側とされる側に。

仲良くできる要因だったさまざまな共通点は、いとも容易く仲違いの要因に姿を変えてしまうこともある。

しかし、やはり似ているからこそ引き寄せあってしまうのか、再び同じ学校に入学して同じクラスになって結局離れられなかったり、同じ相手と付き合ったり、同じ芸能人を好きになったり…。やはりここでも目には見えない縁があるのだ。

 

光と影、長所と短所、ではないけれど、ご縁というのも表裏一体だ。

違う世界では、仲違いしてしまったあの子ともずっと親友のままかもしれない…そう考えると、きっとあの子も私の人生に必要な人だったのだ。まあ、普通にムカつくけれど。(笑)それでもその後の私の信念やポリシーを作るきっかけをくれた相手であることは間違いないのだから。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ アラサー女性日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 20代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村