ゆとり主婦のタワゴト

日々思うこと、頭の中のこと、ひっそりと自己主張。

無言の圧力

世の中には、無言の圧力が溢れかえっている。

それは決して圧力という体をなさずに、ある時は思いやりや親しみの中に混じっている。

あえてそうなるように計算し、絶妙なさじ加減で圧力を練り込むスキルを持った人もいるけれと、100%の思いやりと親しみだけを込めてくれているのに、やはり圧力は介在する。

 

無言の圧力、一般常識と呼ばれるもの。〜したなら〜するのも当然という論理。

良いとか悪いとか、プラスだとかマイナスだとかそういう事ですらない。

この電車に乗り込んだのなら、次に乗り込む電車は決められている。

きちんと乗換案内で計算した通りの路線と時刻とホームで、タイミングよく乗り継ぎをしなかったのなら、それは日常の様々なところで出会うものとなる。

気の合う親友だった子との長電話の中のほんの一言、職場の同僚の無意識の受け答え、出かけにバタバタしている時のふとした夫とのやりとり、たまたま目にしたCM、本屋にならんだ書籍の見出し…

 

乗換がスムーズに済んだ人にとってはなんの意味もなさない言葉の並びが、

キオスクでパンを買ったり、トイレに寄ったり、初めての巨大駅で降りる階段を間違えた人々には、魚の小骨のような違和感を感じさせる。

最初は小さすぎて気にも止まらない。そのうち勝手に取れるだろうと。

しかし、時間が経っても取れない、ならばとご飯を飲み込んで見ても取れない、手段を尽くしても取れない。結果的に病院で抜いてもらうしかなくなる。

そういうものがこの世界には溢れている。それに気づいて、気持ちよく爽やかに人と交流出来る人は少ない。気づかないことが完全に悪いわけでもない。

でも想像することは大事なのだ。

この世間、社会で誰かと関わっていく上で最も大切なのは想像力だと思う。新入社員に必要なのも、コミュニケーションスキルではない。想像力ではないか。

考えること。無言であっても誰かにとっては圧力になり得るものが、日常には溢れていること。自分というものを他者に見せるのが、誰でも簡単に出来る世の中になり、その時流に乗るのであれば、想像して考えなくてはいけない。ものの大きさこそ違えど、発する側に立った時は(井戸端会議で喋る順番が回ってくる程小さなことであっても)誰もが想像して考える義務があると思う。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ アラサー女性日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 20代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村